お茶の持ち味を引き出すポイント
持ち味を引き出すお湯の温度=適温
・お茶の葉とお湯の量のバランス
・お湯の温度
・急須にお湯を注いで置く時間
まず大切なのは、お茶の持ち味を引き出すのに適した温度『適温』です。
抹茶・煎茶・玉露・ほうじ茶と、お茶の種類によって適温が少しずつ異なるのは、それぞれのお茶の持ち味が異なるからです。
例えば、甘みと渋みが調和した煎茶は、熱湯より少し低めの80度くらい。
まったりとした甘みが特長の玉露なら、さらに低い60度くらいが適温です。
お湯の温度が高いほど渋みのもとになるタンニンが溶け出しやすく、逆に低ければ渋みが抑えられ、甘みが引き立ちます。
ちなみに抹茶は80度くらいが適温。
ほうじ茶や玄米茶、柳類のお茶は、熱湯でいれるとさっぱりとした味わいが楽しめます。
適温づくりのコツのコツ
温度計を使わないで適温をつくるには、いったん沸騰させた熱湯を他の茶碗を使って冷ましていきます。煎茶なら1つ、玉露なら3つの茶碗にゆっくりと移し替えて、徐々に適温に近づけるわけです。ただ、室温やお湯の量、移し替える茶碗の状態などによって温度の変化が微妙に異なりますから、移し替える回数を調節するなど、ちょっとした工夫を重ねるだけで、いつもの味をさらに楽しむことができます。
おいしいと感じるお茶の味は人それぞれ。
おいしさへの第一歩はゆったりとした気分で
お茶を楽しむ気持ちです。
12.お茶を入れる適温の作り方